カトリックの祈りの本『ピエタ』より(複製自由)−


IMPRIMATUR                 NIHIL OBSTAT
Francis Cardinal Spellman   John M. A. Fearns, S.T.D., P.A.
Archbishop New York         Censor Librorum



わが主が、スウェーデンの聖ビルジタに
ローマの聖パウロ教会で啓示し給うた15の祈り



教皇ピオ9世により認可された祈り

スウェーデンの聖ビルジタへのすばらしい御約束



 教皇ベネディクト15世は、聖ビルジタの啓示について、次のように言われた。

 「このような啓示の認可は、慎重な調査の結果、それらを信者のための資料として出版して よいということのみを意味する。
 これらの啓示は、宗教上の諸真理に対するのと同様な信頼には値しないが、人はそれらの確実さに応じた慎重さをもって、またそれらを敬虔に信ずるための十分な動機に支えられて、人間的信仰から、それらを信ずることが許される。」
(Les Petits Bollandistes, tome XII)

 1303年6月14日、ビルジタが生れた時刻に、ラスボの助任司祭ベネディクトは、インゲボルゲ(ビルジタの母)の仕合せな出産を祈り求めた。 突然かれは自分が光かがやく雲にとりまかれているのに気づいた。 その雲の中から聖母がお現れになり、次のように言われた。
 「ビルゲル家に一人の子供が生まれました。彼女の声は全世界に聞かれるでしょう。」
 Sagii, die XXIV Aprilis 1903
 Imprimatur, F.J. GIRARD, V.G.

 これらの祈りとこれらの約束とは、トゥールーズで1740年に印刷され、それらを広めるについての認可と許可と推せんを受けた聖地の使徒的宣教会であるイエズス会のP.アドリアン・パルヴィリエ神父によって出版された書物から転載された。

 幼い子供たちに少くとも一年間これらを読み聞かす両親たち、教師たちは、彼等の五官の一つの喪失をふくむ重大事故から一生涯彼等が守られることを確実にするであろう。

 教皇ピオ9世は、1862年5月31日、それらが真であり、また霊魂に有益であると認めて、序文と共にこれらの祈りを認可した。

 教皇ピオ9世のこの宣言は、この祈りをとなえたすべての人々における約束の実現と、神がそれらの正確な真実性が知られるよすがとなることを欲したもうた無数の超自然的事実によって確かめられて来た。これらの祈りを含む小冊子のコレクションは1863年8月22日にマリンズの大会議により認可された。

 問−−特権を手に入れるためには、人はこの祈りを中断なく毎日となえなければならないか?
 答−−なるべく中断せぬようにせねばならない。 しかし、もし重大な理由のためにやむを得ずとなえない日があっても、その一年間(必ずしも1月1日から始まる一年間でなくてもよい)に5480の祈りをとなえるかぎり、特権は失わない。 人は献身的に、かつ発音する言葉に集中力をもって祈らなくてはならない。

 これらの祈りは「十字架の道行」としても役立てられる。

 (定められた回数を満たすためには、毎日祈るとして、ある年のある月日から翌年の同じ月日まで、366日間祈ればよい。−−− 15 x 366 = 5490 > 5480)

 ローマの聖パウロ教会を訪れる人々は、聖ビルジタがわが主からこれら15の祈りを受けたときその前にひざまづいた、ピエール・カルヴァリーニによって彫刻された磔刑の御像を、聖なる秘蹟の礼拝堂内の聖櫃の上に見ることができる。 次のような題辞が、その出来事を顕彰するために教会の中におかれている。

 “Pendentis, Pendente Dei verba accepit aure accipit et verbum corde Brigitta Deum. Anno Jubilei MCCCL.
 (懸けられた神の言葉を耳で受け、かつ懸けられた御言葉なる神を心でビルジタは受けた。1350年の聖年。)

 聖ビルジタは長らくわが主が御受難の間に受け給うた強い打撃の数を知りたいとのぞんでいたので、主はある日彼女に現れ給い言い給うた、 「私は体に5480回の強打を受けた。もし汝が何らかの方法でそれを賛美したいなら、15の主祷文と15の天使祝詞を、次の祈りとともに(それを主は彼女に教え給うた)まる一年間となえるがよい。その年が終ると、汝はわが傷の悉(ことごと)くを賛美したことになる」と。

 主は、聖ビルジタの15の祈りを一年間となえる者すべてに、次のことを約束なさった。


約   束


1. 私はかれの血統の中から15の魂を煉獄から救う。
2. かれの血統の15の魂は聖寵(せいちょう)の中に固められ、保たれる。
3. かれの血統の15人の罪人は改心する。
4. これらの祈りをとなえる者は、誰でも完徳の第一段階を達成する。
5. かれの死の15日前に、私はわが尊き聖体を、かれが永遠の飢えからのがれうるために与えよう。 かれが永遠に渇かないよう、飲むためにわが聖血をかれに与えよう。
6. かれの死の15日前に、かれは犯した罪のすべてに深い悔悟を覚え、それについての完全な認識をもつ。
7. 私はかれの敵の攻撃に対する助けと防衛のために、かれの前にわが勝利の十字架の印をおく。
8. かれの死の前に、私はわが最愛の聖母とともにやってくる。
9. 私は恵み深くかれの魂をうけ、永遠の喜びに導く。
10. そこへ導いたのち、私はかれにわが神性の泉から、特別な一飲みを与えよう。 それは、私の祈りをとなえなかった者には与えない或るものである。
11. 30年間死すべき罪(大罪)の状態に生きていた者、しかしながら熱心にこれを祈る者、 あるいはこれらの祈りをとなえる意向をもつ者は誰でも、主がかれのすべての罪をゆるすということを知らせよ。
12. 私はかれを強い試み(誘惑)から防ぎ守る。
13. 私はかれの五官を保ち見はりする。
14. 私はかれを急死から守る。
15. かれの魂は永遠の死から救われる。
16. かれは、神と聖母から、のぞむすべてを手に入れる。
17. もし、かれが一生好き放題をして次の日に死ぬことになっているなら、かれの生命はのばされる。
18. これらの祈りをとなえるたびに、かれは100日の免償を得る。
19. かれが天使達の最上の階級に加えられることは確実である。
20. これらの祈りを他に教える者は誰でも永遠につづく絶えざる喜びと功徳をもつ。
21. これらの祈りが言われ、あるいは未来において言われるであろう場所に、神はその恩寵とともにまします。





第1の祈り

 主祷文:
 天にまします我らの聖父(ちち)よ、願わくは御名(みな)の尊まれんことを。御国(みくに)の来たらんことを。御旨(みむね)の天に行われる如く、地にも行われんことを。我等の日用の糧を今日(こんにち)我等に与え給え。我等が人に赦(ゆる)す如く、我等の罪を赦し給え。我等を試みに引き給わざれ。我等を悪より救い給え。アーメン。
 天使祝詞:
 めでたし、聖寵(せいちょう)充ち満てるマリア、主、御身と共にまします。御身は女の内にて祝せられ、御胎内の御子イエズスも祝せられ給う。天主の御母聖マリア、罪人なる我等の為に、今も臨終の時も祈り給え。アーメン。

 ああイエズスキリスト! 御身を愛しまつる者にとりて永遠の甘美、あらゆる喜びと望みを超ゆる喜び、すべての罪人の救いにして希望よ、人々への愛のため時みちて人の性すらとり給いつつ、人々の中にいまさんことよりも大いなる望みを持ち給わざりし御者よ、 永遠の昔より神の御計画の中に命ぜられ定められしごとく、御身が御やどりの瞬間より、なかんづく御身が御受難の間に、耐えしのび給いしすべての苦しみを思い出で給え。

 思い出で給えああ主よ、御身の弟子達との最後の晩さんの間、彼等の足を洗い給いて、御身は彼等に御身のいと尊き御体と御血を与え給い、それとともに優しく彼等を慰め、かつ来るべき御受難を彼等に知らしめ給いしことを。

 思い出で給え、「わが魂はいたく愁えて死ぬるばかりなり」とのたまいつつ、みずから証言を与え給いし時、おんみずからの魂のうちに味わい給いし悲哀と辛苦をば。

 三たび祈り給いし後、御身が若さの花の間、また荘厳なるすぎこしの季節の間に、御身の弟子なるユダに裏切られ給い、御身が選びひきあげ給いし民族の人民により捕えられ、いつわりの証人によって告発され、三人の裁判官によって不正に審(さば)かれ給いし時、磔刑の苦しみに先立ちて御身が繊細なる御体のうちにこうむり給いし、すべての恐れ、悶え、痛みを思い出で給え。

 思い出で給え、御身が衣をはがれ、嘲笑の衣を着せられ給いしことを。御身の御顔と御眼とにものをかぶせられ給いしことを。 打たれ、いばらの冠をかぶらせられ、御手に葦を持たせられ給いしことを。柱に縛られ、打撃をもってうちくだかれ、侮辱と暴行によって打ちのめされ給いしことを。
 御身の十字架上の御苦難の前に耐えしのび給える、これらすべての苦痛と御受難を思い出で給いて、わが死する前、まことの痛悔、真摯にして完全なる告白、わがすべての罪のふさわしき償いと赦免を、われに与え給わんことを。 アーメン。



第2の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!天使等のまことの自由、喜びの楽園よ、御身の敵共が、怒れる獅子のごとく御身をとりかこみ、幾千の侮辱、唾、むち打ち、掻き裂き、その他の未聞の残酷によりて、意のままに御身をさいなみまつりし時、御身の耐えしのび給いし恐怖と悲哀を思い出で給え。これら責苦と侮辱の言葉を思い給いて、ああ救い主よ、願わくはわれを、わがすべての見ゆる敵と見えざる敵より救い、御身の御保護のもとに、永遠の救いの完成にいたらしめ給わんことを。アーメン。



第3の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!何ものも取巻くことも制限することも能わざる天地の創造主よ、万物を御身の愛の力のもとに包み保ち給う御者よ、ユデア人等が御身の聖なる御手と御足を、大いなる鈍き釘もて一撃また一撃と十字架に釘づけにし、しかもなお彼等の怒りを鎮むるに足るほどいたわしき状態ならずと見るや、さらに御身の御傷を広げ、苦しみに苦しみを加え、名状し難き残虐をもって御身の御体を十字架にひきのべ、あらゆる側より引き張り、かくて御身の関節をはずしまつりし時、御身の耐えしのび給いし、激甚の苦痛を思い出で給え。
 われ御身に乞い願う、ああイエズスよ、このいと聖にして愛深き十字架の御苦難の記念により、御身をおそれ、御身を愛する聖寵をわれに与え給わんことを。アーメン。



第4の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!われらの傷を御身の傷もていやし給わんがため、十字架上に高くあげられ給いし天国の医師よ、御身のこうむり給いし打ち傷と、御身が苦痛にまさる苦痛はかつてなきまでに腫れ上りたる、御身がすべての四肢のいたつきを思い出で給え。御身が御頭の冠より、御身が足裏にいたるまで、御身が御体の上には、さいなまされざりし一箇所とてなかりき。しかるにかかるすべての苦しみを打ち忘れ給い、御身の敵共のために「父よ、彼等をゆるし給え、彼等己れのなすことを知らざればなり」とて、天の御父に祈ることをとどめ給わざりき。

 この大いなる御慈悲により、かつ御苦難の記念により、御身のいと激しき御受難が、われらの中に、完全なる痛悔と、われらのすべての罪の赦しとをもたらすことを得せしめ給え。アーメン。



第5の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!永遠の輝きの鏡よ、御身の神性の光の中に、御身の聖なる御受難の功徳によりて救わるべき者の予定を想い給いつつ、同時に自らの罪の故に断罪さるべき、神に見放されたる大群衆をみそなわし、これら望みなき、失われし不運なる罪人につき激しく嘆き給いし時に、御身の味わい給いし悲哀を思い出で給え。

 この共感とあわれみの深みにより、またなかんづく御身が善き盗賊に、「今日汝われとともに楽園にあるべし」と、のたまいしとき示し給いし善によりて、われ御身に乞い願う、ああ甘美なるイエズスよ、臨終の時にあたり、御身のわれに慈悲を示し給わんことを。アーメン。



第6の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!愛すべき、いと願わしき王よ、衣をはがれ、ありふれたる罪人のごとく、十字架上に釘づけられ挙げられ給いし時、御身の忍び給いし悲しみを思い出で給え。折しも御身が断末魔の間御身のかたわらにとどまり、マリアに向い「婦人よ、汝の子を見よ!」聖ヨハネに向い「子よ、汝の母を見よ!」とのたまいしとき御身の忠実なる弟子に委託し給いし、御身の最愛の聖母のほかは、御身がすべての親族および友人は、ことごとく御身を見捨て奉りたるなり。

 われ御身に願い奉る、ああわが救い主よ、御身の聖なる御母の魂を貫きし悲しみの剣により、わが心身のすべての懊悩と苦難において、われをあわれみ給わんことを、かつわがすべての試みにおいて、とくにわが臨終の時に、われを扶け給わんことを。アーメン。



第7の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!人類の救いへの渇きに苦しみ、深き愛の身ぶりもて十字架上より「われ渇く」とのたまいし、尽くることなきあわれみの泉よ。われ御身に願い奉る、ああわが救い主よ、われらのすべての行いにおいて完徳におもむかんとする望みを、われらの心に燃え立たしめ給わんことを。かつ肉の欲と、現世の欲の灼熱を、われらのうちに消し去り給わんことを。アーメン。



第8の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!心の甘美、精神の喜びよ、われらへの愛のために十字架上にて味わい給いし酢と胆汁の苛烈によりて、願わくはわれらの魂のいやしと慰めに役立つよう、われらの生くる間、またわれらの臨終に際し、御身の尊き御体と御血を、ふさわしく受け奉る恵みを与え給わんことを。アーメン。



第9の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!鴻大の徳、心の喜びよ、死の接近に際し、苛烈さの大海に投げ込まれ、ユデア人等に侮られ陵辱され、「わが神、わが神、なんぞわれを捨て給いしや」とて、御父に見捨てられ給いしことを大声に呼ばわり給いし時、御身の耐えしのび給いし苦しみを思い出で給え。

 この御苦しみによりて、われ御身に願い奉る、ああわが救い主よ、わが死の恐怖と苦痛の中にわれを打捨て給わざらんことを。アーメン。



第10の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!あらゆる事物、生命、徳の始めにして終りなる御者よ、われらのため御足裏より御頭の冠にいたるまで、苦痛の深淵に投げ込まれ給いしことを思い出で給え。御身の御傷の極悪なるを思いみ給い、御身を愛する者にとりては広くして易き、御身のいましめを、純なる愛もて守ることをわれに教え給え。アーメン。



第11の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!慈悲の深淵よ。願わくは御身の御骨の髄まで、また御身の存在の深みまで貫きし御身の御傷の記念として、己が違反によりうちひしがれしみじめなる罪人われを罪より引き離し給い、われに向い正しくもいら立ち給える御身の聖顔よりわれをかくし、御身の御怒りと義しき御憤りの過ぎ去るまで、御傷の中にわれをかくし給わんことを。アーメン。



第12の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!真理の鏡、一致のかたどり、慈愛のたいまつよ、御身が御頭より御足までおおわれ給い、尊き御血のしたたりによって裂かれ朱に染まりし、おびただしき御傷を思い出で給え。われらへの愛のため、御身が至純なる肉のうちにこうむらせ給いし、ああ偉大にして宇宙的なる痛苦よ!甘美なるイエズス!われらのためになし得たまいしことにして、御身のなし給わざりしものありしや。御身の御受難の忠実なる回想によりてわが魂のうちに御身の御苦難の果実が新たにされんことを、また御身を永遠において見奉るにいたるまで御身の愛が日毎増大せんことを、御身、わが天国において賜わることを乞い願い奉るすべてのまことの善とすべての喜びの宝庫にまします御者、ああ甘美なるイエズスよ。アーメン。



第13の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!強き獅子、不死にして無敵なる王よ、御身のすべての力が心身ともに全く尽き果て、「事終りぬ」とのたまいて頭を垂れ給いしとき、御身の耐えしのび給いし苦痛を思い出で給え。この御苦しみと御悲しみにより、わが心いたくわずらいわが魂の悩まん臨終の時にあたり、御慈悲を垂れ給わんことを、われ御身主イエズスに乞い願い奉る。アーメン。



第14の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!御父の御独り子、その本体の輝きにして似姿なる御者よ、「父よわが魂を御手にゆだね奉る」とのたまいて、御身の魂につきて永遠の御父になし給いし、単純にして心貧しき推挙をば思い出で給え。かくて破れ果てし御身体、くだかれし御心、かつわれらをあがなわんとて開かれし慈悲のはらわたもて御身はこときれ給いしなり。この尊き御死去により、われ御身に乞い願い奉る、ああ諸聖人の王よ、われを慰め給わんことを、悪鬼と肉と世に抵抗せんためわれを助け給わんことを、かくてこの世に死し、御身のためにのみ生くるを得んことを。われ御身に乞い願い奉る、わが臨終の時にあたり、御身に帰り行く巡礼にして逐謫(ちくたく)の身なるわれを受け入れ給わんことを。アーメン。



第15の祈り

 主祷文:天にまします我らの聖父よ、…。
 天使祝詞:めでたし、聖寵充ち満てるマリア、…。

 ああイエズスよ!まことの、みのり多き葡萄の樹よ! 御身が聖なる御体より、酒槽(さかぶね)の中なる葡萄の房より出づる汁液のごと、惜しみなく流し給いし御血の、沢なる流出を思い出で給え。

 兵士により槍にて貫かれ給いし、御身の御脇腹より、御身体の中に一滴とて余すところなくなるまで、御血と水はほとばしりいで、かくてついに、十字架の頂にあげられし没薬の束のごとく、御身が繊細なる肉は破壊され、御身が御身体のまことの実質はしなび、御身が御骨の髄は渇き果てたり。

 この激しき御受難により、また御身の尊き御血の流出により、われ御身に願い奉る、ああ甘美なるイエズスよ、われ臨終の断末魔にあるとき、わが魂を受けいれ給わんことを。アーメン。



む す び


 ああ甘美なるイエズス! わが痛悔と愛の涙が昼も夜もわが糧となるよう、わが心をさし貫き給え。われ全く御身に帰依し、わが心は御身が不断の棲家(すみか)となり、わが会話は御身の御心にかない、わが生涯の終りはほむべきものとなりて天国に値し、そこにて御身が諸聖人とともにとこしえに御身を賛美しまつらんことを。アーメン。



祈りの本『ピエタ』について:

このページに引用した「聖ビルジタの15の祈り」は、
MIRACULUS LADY OF THE ROSES
1186 BURLINGTON DRIVE
HICKORY CORNERS, MICHIGAN 49060
U.S.A.

発行の改訂米国版より邦訳され、
漆原煕さんの発行された日本語版(改訂第4版・大型判)を利用しました。
この本には、この聖ビルジッタの祈り以外にも、
今日忘れられている(カトリック中央協議会・編『カトリックの祈り』には
掲載されなかった)多くの祈りが収録されています。
発行者連絡先:
701-02 岡山市藤田1173-20 漆原煕
TEL 0862-96-2586

また、「マリアの宣教者フランシスコ修道会」Sr.セシリア石黒愛・訳による
口語文での祈りの本『啓示された15の祈り』が、
「世のひかり社」から定価500円で出ています。
こちらは、ファロニ・パウロ神父様の序文と、聖ビルジッタの略伝、
「ドン・ボスコの煉獄の霊魂のための祈り」が付いていて、
白い表紙で持ち運びに便利なサイズの小冊子です。
世のひかり社(=故・デルコル神父様)・連絡先:
870-02 大分市大字城原2346-5 世のひかり社 江藤きみえ
TEL 0975-93-4262 FAX 0975-93-5045

どちらも、東京・四谷のエンデルレ書店にても入手できます。



以下に、小冊子『啓示された15の祈り』に収録されている「祈りとは何でしょう」という記事を引用してみます。

この記事は、同朋舎出版・刊のパパさま(ヨハネ・パウロU世)の本『希望の扉を開く』
VARCARE LA SOGLIA DELLA SPERANZA](ISBN4-8104-2243-7)
の最初の数章をまとめたもののようです。
同著を参考に、引用の括弧の間違いを若干、訂正してあります


祈りとは何でしょう

これについて教皇さまの次のお言葉を聞きましょう

 「対話には必ず『我』と『汝』がありますが、祈りの場合は『汝』は神です。
 祈るとき、初めは『我』がもっとも大切なもののように思えますが祈っているうちに事実は『汝』のほうがもっと大切であることに気ずきます。それは、私たちの祈りが神に由来するからです。」
 さらに、使徒パウロによれば、「祈りには、神につくられたこの全世界の現実が反映していて、祈りは、ある意味で宇宙的な働きであります。そして、祈りの主役が聖霊であって私たちは聖霊に導かれて祈るのです」と、教皇さまは言っておられます。
 すなわち、私たちは、自分が祈っていると考えているにしても本当は聖霊の働きかけ、その導きのもとに祈っているとおっしゃっています。
 そして、この事から、教皇さまは、次のことにきずかせてくださいます。つまり、神の働きかけである祈りによって神は、私たちのうちに、真の人間性を取り戻させるのであると。そうしますと、神は祈りによって私たちのうちに、真の人間性を取り戻させ、人間としての独特の尊厳をとり戻させようとなさるのです。
 このことは、つまり、この世界の期待の的である神の子らというより高い尊厳を人間に与えようという神のご意志の現れなのです。それで、真剣に心を集中して祈るときには、私たちは神の現存に触れ、聖霊の導きが得られるのです。
 神は天地創造において、つくられたものを『よし』とされたと創世記に述べています。だから、神につくられたこの世界にとって神は喜びの源です、人間にとっては最高度に喜びです。神はこの世界に対してこう言っておられるかのようです、「おまえが存在するのはよいことである」と。それで、キリスト教の世界では悲観主義はありえません。
 神は、創造の仕事を完成するよう人間に任務としてまかせられました。それで、神につくられたものが、根本的には善であることを信じる人は、神から任されたこの作品をたえず完成させようと努力するために、神につくられたこの世界のあらゆる秘密をときあかす力をもっています。
 それで、福音の教えを受け入れる人にとって、存在するほうが、存在しないよりも、よいということは、はっきり分かるはずです。
 それで、キリスト教的な祈りには、あきらめ、無感情などあるはずがありません。それどころか、自分と神につくられたこの世界を完成させようという大きな挑戦を人はそこから受けるのです。つまり、人間は神の創造の業にあずかる任務があるのです。自分についても、世界についてもです。
 そしてさらに、創造のこの本質的な喜びは、救いの喜び、つぐないの喜びによって完成するとおっしゃって次のように話しをすすめておられます。
 「福音は何よりもまず、人間の救いにとって大きな喜びです。人間の造り主は、人間のあがない主でもあられます。救いは世界にあるいろんな悪と対決するだけでなく、悪に対する勝利を宣言します。このことを、キリストさまは、ヨハネ16・33に、『私は、すでに世に勝っている』といっておられます。」
 このみ言葉は、イエズスのご受難、死、復活のあの一連の出来事によって保証されています。それで、キリストさまのご受難の黙想のうちに祈るこのビルジッタの祈りは神の愛の救いと、そこからわき出る深い喜びが秘められていると思います。
 今のこの時代は、予言されていたように、混乱の時期でもあると思います。私たち人間は一瞬のうちに真相をつかめないので、人それぞれに異なった判断をします。この判断の違いをもし、狡猾な悪が利用して、神に忠実な人々の群れを一致させないように利用するとしたら、悪との戦いにとって、どんな損失となることでしょう!それで、意見の違いがあっても、キリストさまの、この世における代理者である教皇さまの教えにみちびかれるように、忠実であるようにつとめましょう。教皇さまへの忠実は、たえず故デルコル神父さまのモットーであったと記憶しています。

 教皇さまのお言葉(希望の扉を開く)をたよりに祈りのふかい意味をさぐりましょう。(とくに、この聖ビルジッタの祈りを)



もっとカトリックの祈りについて知りたい方は、以下のリンク集等を参考に、探訪して見て下さい:
※このリンク集は、マウスで触れれば折り畳み部分が表示されるスタイルシートを使用しています。




へ戻る へ戻る